yumablogs

写真と共にホテル・旅館を紹介

【ヴィラ楽園特別懐石&「天上の桟敷」】ホテルニューアワジ お食事&スカイラウンジを写真で紹介【淡路島】

 

ヴィラ楽園 スカイラウンジ「天上の桟敷」

スカイラウンジ「天上の桟敷」は、最上階にあるヴィラ楽園ゲスト専用のラウンジで、海を一望できる展望スペースと、ソファーやマッサージチェアが設置された室内のスペースが計2部屋あります。

f:id:yumablogs:20210711210941j:plain

 

エレベーターで最上階まで登ると、展望デッキにつながる木製の通路があります。

先に青い海と青い空が見えて、とても幻想的な風景でした!

また、時間によって見える景色が違い、たくさん楽しむことが出来ました♪

f:id:yumablogs:20210711211138j:plain

 

こちらが展望デッキです。

足を延ばして座れる椅子と、小さなテーブルが設置してあり、海を眺めながらコーヒーや紅茶などを楽しめます。

f:id:yumablogs:20210711211042j:plain

 

こちらは、室内のラウンジスペースです。

 落ち着いた雰囲気で、私が一度目に訪れたときは他のゲストがおらず、貸切状態でした!

f:id:yumablogs:20210711211048j:plain

 

別角度からの写真です。

写真右側が、先ほどの展望デッキです。

f:id:yumablogs:20210711211114j:plain

 

こちらはドリンクコーナーです。

セルフサービスですが、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ミネラルウォーターなどを飲むことが可能です!

f:id:yumablogs:20210711211058j:plain

 

コーヒーは、通常のホットコーヒーに加えて、アメリカンコーヒーやエスプレッソ、カフェラテ等もありました。

 もちろん、カップやお皿、シュガーにコーヒーフレッシュなども用意されています♪

f:id:yumablogs:20210711211104j:plain

 

真ん中にあるのは、「枇杷茶(びわちゃ)」というお茶で、少し癖のあるお茶でしたが、美味しくいただきました。

f:id:yumablogs:20210711211110j:plain

 

マッサージチェアは本格的なものではありませんが、個人的には十分満足できるものでした。

また、マッサージチェアは2台だけでしたが、私が訪れた際はさほど混んでおらず、特に困りませんでした。

f:id:yumablogs:20210711211124j:plain

 

こちらは木製の通路を挟んで反対側にあるラウンジのお部屋です。

こちらには椅子とテーブルが置いてあるだけで、ドリンクなどは先ほどの部屋から持ってくるといった感じでした。

f:id:yumablogs:20210711211119j:plain

 

ラウンジの紹介はこのあたりにして、続いてヴィラ楽園での夕食を紹介します!

 

ヴィラ楽園特別懐石「春の島懐石」

数ある夕食プランの中から、今回はヴィラ楽園特別懐石をいただきました!

 

こちらがお品書きになります。

f:id:yumablogs:20210718231132j:plain

 

まず、前菜の「海の幸と旬菜の取り合わせ」です。

普段は食べないような食材や料理が出てきて楽しいですね♪

f:id:yumablogs:20210718231136j:plain

 

今回は、淡路島の地酒の「山廃純米 雲乃都美人」をいただきました。

f:id:yumablogs:20210718231144j:plain

 

お造りには、伊勢海老もはいっており、とても豪華でした!

また、藻塩茎わさびが添えられており、これをつけて食べると一段と美味しく感じました♪

f:id:yumablogs:20210718231150j:plain

 

こちらはチョイスメニューの1つ目に書いてある、「淡路産 桜鯛と穴子の藻塩鍋」です。

f:id:yumablogs:20210718231206j:plain

 

こちらはチョイスメニューの2つ目に書いてある、「特選淡路牛と淡路産レタスの藻塩鍋」です。

サシの入った綺麗なお肉です♪

f:id:yumablogs:20210718231159j:plain

藻塩のお鍋に入れて、お肉に火を通していきます!

f:id:yumablogs:20210718231218j:plain

 

こちらは、「春キャベツの和風温製スープ」です。

キャベツのスープと聞いて、どのようなものかと思いましたが飲んでみると、おかわりしたい程おいしかったです♪

f:id:yumablogs:20210718231211j:plain

 

続いてこちらは、「鮑と淡路島3年とらふぐ真薯のうぐいす餡かけ」です。

鮑にとらふぐと豪華食材ばかりですね!

f:id:yumablogs:20210718231225j:plain

 

そしてこちらは、「特選淡路牛の石焼き」です。

前菜の写真の上の方に写っていた石の鉄板で、分厚い淡路牛を焼いていきます♪

f:id:yumablogs:20210718231231j:plain

 

こちらは、「平貝と淡路玉葱の和風カルパッチョ」です。

平貝の食感とシャキっとした玉葱の食感の組み合わせが最高でした!

f:id:yumablogs:20210718231328j:plain

実はこの後に、綺麗なお椀に盛り付けられたご飯と、鰆と薬味が出てきて、鰆の出汁茶漬けが出てきたのですが、写真を撮るのを忘れていました...ごめんなさい。

 

最後に「パティシエ特性デザート」です。

かわいらしい見た目で、最後まで楽しませていただきました!

f:id:yumablogs:20210718231334j:plain

 

味はもちろんですが、ボリュームもあって、大満足の夕食でした。

続いて、翌朝の朝食を紹介します!

 

ヴィラ楽園での和朝食&洋朝食

朝食は、お部屋食で、和朝食洋朝食のどちらかを選ぶことができ、グループで統一する必要はなく、個人が好きな朝食を選ぶことができます!

 

こちらは、和朝食です。

焼き魚や竹輪、茶碗蒸しなどたくさんの小皿があります。

右上に写っているお鍋の中は湯豆腐でした!

また、和朝食と洋朝食のどちらでも、牛乳とオレンジジュースがついていました。

f:id:yumablogs:20210718231339j:plain

 

続いてこちらは、洋朝食です。

プレーンオムレツとソーセージ、ハムなどを中心として、サラダやヨーグルト、パンなどがあります!

ジャムの種類も豊富で、お好みの味で楽しめます♪

f:id:yumablogs:20210718231347j:plain

 

小さな赤いお鍋の中には、ホワイトスープのようなものが入っており、まろやかで美味しかったです!

f:id:yumablogs:20210718231352j:plain

 

お部屋にいながらも、綺麗な海を眺めつつ、美味しい朝食を食べることができ、最高の贅沢だなと感じながら、幸せな朝を過ごしました♪

f:id:yumablogs:20210718231358j:plain

 (この写真が今回の旅行の中で、一番のお気に入りです!)

 

夢大地での食事(比較用)

以前、ホテルニューアワジの「夢大地」に宿泊した際のお食事も最後に軽く紹介します!

夢大地の「季節替わり膳(秋)」のお品書きです。

f:id:yumablogs:20210913201113j:plain

 

こちらが前菜の「秋の恵み取り合わせ」になります。

f:id:yumablogs:20210913201122j:plain

 

こちらはお刺身です。

ヴィラ楽園では藻塩と茎わさびが添えられていましたが、夢大地では通常のわさびのみでした。

f:id:yumablogs:20210913201127j:plain

 

こちらは、「淡路牛のしゃぶしゃぶ鍋」です。

こちらでは主に赤身のお肉ですね!

f:id:yumablogs:20210913201133j:plain

 

こちらは「宝楽焼」です。

ヴィラ楽園のお食事では宝楽焼が出てこないので、宝楽焼を食べたい方は、夢大地での宿泊がおすすめです!

f:id:yumablogs:20210913201138j:plain

 

こちらは「炙り鰆のカルパッチョ」です。

綺麗なお皿に盛りつけられていて、とても美味しそうですね!

f:id:yumablogs:20210913201143j:plain

 

朝食に関しては、「夢大地」の宿泊者は、お部屋での和朝食と会場での和洋バイキングを選ぶことが出来ます(グループ統一)

 

こちらは和洋バイキングでの写真です。

朝から淡路牛丼なども楽しめます♪

f:id:yumablogs:20210913201147j:plain

 

また、この時宿泊したのは「夢大地」の特別和室でした!!

f:id:yumablogs:20210913201150j:plain


まとめ

今回は、「ホテルニューアワジ」ヴィラ楽園スカイラウンジと、夕食朝食を紹介し、おまけで夢大地を少し紹介しました。

ヴィラ楽園は、通常のお宿よりも少し値は張りますが、それに見合った最高の時間を手にすることが出来たので、非常に満足度合いの高い旅行になりました!

 

興味を持たれた方は、ぜひ旅行先の1つとしてご検討ください!